つくば市・土浦市・ひたち野うしくエリアの健康に寄り添う美容室natural hair pure greenでエステ・脱毛を担当している小宮です!
2児(上が女の子で下が男の子)のママで美容と健康の事が大好きな27歳です✨

 


先日お伝えした《フィトケミカル》が結構すごいものだったので

紹介していきたいと思います!

先日のブログはこちら→食べ物でも紫外線ケア!

 

まず、フィトケミカルって何??って感じですよね

先日もお伝えしましたがもっと詳しく言うと

フィトケミカルは、野菜・果物・豆類・いも類・海藻などの植物に含まれる化学成分のことで、具体的には、植物が紫外線や有害物質、害虫などの害から身を守るために作り出した色素や香り、アク、辛味などの成分です

数千種類以上あるフィトケミカルには抗酸化作用を持つものが多いことから、抗酸化作用による老化予防が期待できるほか、代謝の促進、免疫力向上、脳機能の強化などその種類によってさまざまな働きがあると言われています。
例えば「アントシアニン」「カテキン」「リコピン」など耳にしたことがある成分も、フィトケミカルに含まれます。

すごいですよね、魚と肉以外のほとんどの食べ物に含まれているそうです!!

 

フィトケミカルには種類があるそうで、ポリフェノール、含硫化合物、カロテノイド、テルペン類、多糖類の5種類に分けられるということです

 

ポリフェノールあたりは聞いたことがあるんじゃないでしょうか??

そして、効果的にフィトケミカルを摂取する方法は

1.野菜は皮ごと食べる

野菜の皮にもフィトケミカルが含まれているため、よく洗って皮ごと料理に使うのがオススメです。

2.カロテノイドは油と一緒に摂る

カロテノイドのβ-カロテンやリコピンなどは脂溶性のため、油と一緒に摂ると吸収しやすくなるといわれています。

3. 含硫化合物はなるべく加熱せずに摂る

含硫化合物のアリシンやイソチオシアネート、スルフォラファンは熱に弱いため、これらを摂るなら加熱をせずに摂りましょう。ただし、アリシンを含むニンニクや玉ねぎなどの野菜は生で摂り過ぎると胃を荒らす原因になるため食べ過ぎには注意してください。

4.フィトケミカルは組み合わせて摂る

フィトケミカルは健康によい働きが期待できますが、それぞれが持つ働きが異なるため、単体で摂るよりも組み合わせて摂ることで健康へのより一層の影響が期待できます。いろいろな食品をバランスよく、しっかりと食べるようにしましょう。

 

以上が『フィトケミカル』を効果的に摂取する方法です

 

前回のブログでもお伝えしましたが、バランスよく食事をとることが大事です

特に『フィトケミカル』はいろいろな食材に含まれていて、それぞれに違う種類の『フィトケミカル』があるので満遍なく食べれるといいですよね♪

 

バランスの良い食事は健康への第一歩です

このブログを見て少しでも、為になると思って頂けたら幸いです☺

 

ここまでお読みいただきありがとうございました♡       小宮


pure greenでは身体や環境に安心安全なものをご提案させて頂いてます(お出しやお塩などetc…)

カット・カラー・パーマ・エステ・脱毛をご希望の方はコチラ↓からご連絡ください(スマホからはバナーをクリックで発信✨)

 

小宮のインスタへ飛ぶにはここをクリック